基礎代謝量と食事内容|様々な症状を引き起こす眼精疲労とその対策方法
女性

様々な症状を引き起こす眼精疲労とその対策方法

基礎代謝量と食事内容

足元

代謝量アップが鍵

冷え性を改善するには、基礎代謝量を上げることが大事です。基礎代謝量とは、じっとしていても常に消費されるエネルギーのことと考えてよいでしょう。体温が高い人は、基礎代謝量が多い傾向にあります。基礎代謝が高いというのは、熱を生み出す能力が高い状態であるということになります。すると血流も良くなり、体の隅々まで温かい血液を届けることができるようになりますので、冷え性が改善されます。基礎代謝量を上げるには、筋肉を増やすことです。筋肉は熱を生み出す能力が高く、基礎代謝量をアップさせます。筋肉トレーニングなどを日常生活の中に取り入れ、筋肉をつけることが望まれます。太ももの筋肉が一番大きな筋肉となりますので、ここをトレーニングすると効果的です。

食事内容の改善

冷え性を改善するには、食生活の改善も大事です。体を冷やす食品をなるべく避け、温めるような食べ物を意識的に摂るようにしましょう。一般的に、夏が旬の食品は、体を冷やす傾向があります。一方、冬に採れる野菜やイモ類は、体を温める働きをします。香辛料を、体温を上げるために使う人も多いですが、香辛料は、体を温めるのにはかえって逆効果だったりします。一時的に体温が上昇して汗をかいても、発汗によって体温は低下しますから、継続して体温を上げることにはなりません。そうしたものより、ネギやにんにく、根菜類などを多く食べることが望まれます。また、冷え性対策には、血流アップも大事ですから、血流を促す食べ物も必要です。味噌や梅干しなどがお勧めです。